借金返済

借金トラブルの解決方法!お金の貸し借り問題を詳しく知ろう!

利息返還損失引当金消え純利益7.8倍

丸井グループが発表した2022年3月期連結決算は、純利益が前の期比7.8倍の177億円となったようです。

新型コロナウイルスの感染拡大影響が続いており、小売事業は伸び悩んでいるようですが、金融事業でクレジットカードの取扱高が過去最高を更新し手数料収入が増えたようで、さらに利息返還に備えた損失引当金の繰り入れがなくなったことも効いているのだそうです。

売上高にあたる売上収益は2%増の2093億円で、金融事業が収益をけん引し、クレジットカードの取扱高は16%増の3兆760億円と過去最高を更新、手数料収入が増えたようで、アニメキャラクターをデザインしたカードの発行などをテコに会員数も5万人伸び、家賃や公共料金などの定期払いが増えたのだとか。

小売事業では、店舗休業期間が前の期よりも短く、テナント収入が回復し、来店客数は13%増えたのですが、回復は道半ばで、20年3月期比では8割程度の水準にとどまっています。

23年3月期の売上収益は前期比6%増の2220億円、純利益は21%増の215億円を見込んでおり、クレジットカードを利用した買い物や家賃などの支払いが増え、金融事業が引き続きけん引する。

小売事業でも外出機会の増加による来店客数の増加や電子商取引(EC)販売の拡大を見込む。年間配当は前期比6円増の58円を計画しています。

利率と利回りの違い

「利率」と「利回り」の違いがわからない人は意外に多くて、利率は、利率とは、借りたお金(元金)の使用料として上乗せして支払うお金の割合を指し、「金利」と同様の意味で使われ、1年当たりの利息割合を年利率といいます。

たとえば100万円を1年間借りて101万円を返した場合、利息は1万円ですので、100万円に対する1万円の割合は100分の1となり、年利率は1%となります。

f:id:ninbai_f:20220120123643j:plain
お金ノート

利回りは、投資金額に対する利子も含めた年単位の収益の割合のことを指しています。

例えば、利率2%の債券を100万円購入して4年後に102万円で債券を売却できたとすると、1年間の利子は、100万円×2%(0.02)=2万円で、それを4年間保有していたので、利子は2万円×4年=8万円となり、それに、売却して得た譲渡益を足すと100万円で購入して102万円で売れたので2万円が譲渡益となるので、8万円+2万円=10万円が元本以外に受け取った金額となり、利回りは、1年で計算するので10万円÷4年=2.5万円、そして2.5万円÷100万円=0.025なので100を掛けて2.5%が利回りとなります。

主婦の借金の実態

債務整理の情報提供メディア「STEP債務整理」が行った、夫に内緒で借金をしたことがある主婦100人を対象にアンケートでは、借金してしまった理由の1位は「生活費・養育費」ということで、借金総額の平均は「約86万円」だったのだそうです。

f:id:ninbai_f:20210303075108j:plain
内緒で借金

主婦が借金をする場合、ブランド物などの浪費だけでなく、生活費や医療費などが足りないのに夫に助けを求められず「仕方ない」という気持ちでお金を借りてしまうケースも多いのだそうで、普通の主婦でも、生活費などのために借金をしてしまうようです。

借金してしまった理由の1位となったのは「生活費・養育費」で、生活費や医療費などのやむをえない理由で借金をしてしまったことが多いようで、どうやらお金に厳しい夫へ生活費などを相談しても口論になりやすく「ケンカになるなら私が借りればいいか・・・」と思ってしまう背景もあるようです。

借入総額については合計10万~50万円の層が4割以上を占めているとはいえ、200万円以上の借金をしている主婦も4人に1人いるようで、仕方のない理由で始めた借金だったとしても、一度借りてしまったことにより、「お金を借りること」に対するハードルが下がり、つい借りすぎてしまう方が多いようですよ。

また、夫に内緒で借金をした主婦の5人中3人は、返済資金を稼ぐために新しく仕事を増やしたり、転職する必要があったようで、バレないために時間の融通が効きやすいアルバイトやパートで働く主婦が多いようです。

つぶれにくい会社ランキング

会社にとって稼ぐ力は重要なのですが、借金が少なくてつぶれにくいという安定性もまた重要な要素となっています。

無借金経営といえば、任天堂が真っ先に浮かんでくるかと思いますけど、意外や意外、つぶれにくい会社TOP50の中では、23位という結果に。

つぶれにくい会社
つぶれにくい階差y

なんと、見事1位となったのは、売上高営業利益率の高いキーエンスで、自己資本比率は94.4%と盤石の財務基盤を誇っているようです。

平均年収2088万円と日本一の給与水準を誇っているといわれているキーエンス。 給与が高いだけでなく、業績も7期連続で最高益と絶好調のようで、まさに日本が誇る超優良企業といっても過言ではありません。

キーエンスは、センサ、変位計、画像処理機器、計測器、タッチパネル、バーコード、マイクロスコープ、マーキング機器などの企業向けの商品を自社で開発・販売している企業ですので、一般的な認知は低いのですが、まさに知る人ぞ知るの企業ですよね。

Copyright © 任売